• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
このショップでは物語のある紙もの雑貨を中心に取り揃えています。Storys For You!
思いが伝わるポストカード・活版印刷・メッセージカード・Tシャツ等・・・。あなたが幸せでありますように。

Don't Worry Be Happy ポストカード 〜心配なんていらないさ〜 バンクーバーイングリッシュベイ

Don't Worry Be Happy ポストカード 〜心配なんていらないさ〜 バンクーバーイングリッシュベイ
¥ 162
バンクーバーイングリッシュベイ
夕陽には様々な物語があります。
Makoto ATOZIがイングリッシュベイで撮影したPHOTOに
「Don' t Worry Be Happy」をテーマに詩を紡ぎました。
---------------------------------------------

ポジティブな言葉と夕陽のコントラスト。
友人3人組の背中に、暖かな希望の輝きが見えます。

バンクーバーで、僕は出会った人々皆に
「夢」と「宝物」を聞いてみたんです。
するとジュニアスクールの少年が
「夢は天井に手をつけるようになること」
「宝物はおもちゃ」って答えてくれたんですね。
天井に手をつけるようになりたいって
なんて素敵でシンプルな夢なんだろうと、僕は思いました。

---------------------------------------------

きっと彼のお父さんが素敵なお父さんなのでしょう。
彼のお父さんが毎日天井に手をついて、彼に話しかけて
彼もそういう大人になりたいって思ったのでしょう。

物質的な何かを得たいというのではなく
「こういう人になりたい」という姿がある少年。

素敵だなと思いました。
彼の表情には一切の曇りがなくて(当たり前ですが)

まさにDon't Worry Be Happy!と言っているようでした。
何も心配なんていらないんです。

大丈夫。

何事も何とかなるさ。

そんなメッセージポストカードです。

---------------------------------------------

そういえば、僕はある日、
バンクーバーに滞在して5日目くらいだったかな?
イングリッシュベイで夢中で撮影していたら、
前日が雨だったので足元がぬかるんでいて
思いっきり転んだのです。

もちろん、半身は全て泥だらけ。
帰り道では、すれ違う人々から不思議な顔で見られました。

ホテルに帰ると、すぐに服と体を洗って
なんだかなあと思いましたが
そんなことにも、苛立つことなんて全くなくて
思い出の一つとして笑い飛ばせました。

僕らは今、この時代を生きていると
なんでこんなことに・・・とか。
なんであの人はこんなことを・・・とか。
本当に、出来事のジェットコースターのようだけれど
それでも笑い飛ばせばきっと大丈夫なのですよね。

だって時間は止まらずに進み続けているんです。
何かよくないことがあったとしても
その次の瞬間にはもう時間は前へと進んでいる。

だから次は必ずいいことがあるんです。

そう

だから心配なんていらないんです。

大丈夫だから。

---------------------------------------------

このWEBストアでは
作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)の詩に関するGOODSを販売しています。

Makoto ATOZI Official Web Site
http://atozi.net

代表作 
平井堅「楽園」 V6「ありがとうのうた」(ASZ-PROJECTとして参加)
嵐「トビラ」「Firefly」「ONLY LOVE」「嵐の前の静けさ」NEWS「真冬のナガレボシ」
おれパラ「眠るものたちへ」 GYM「フィーバーとフューチャー」
TRIPLANE「アイコトバ」(共作)他
バンクーバーイングリッシュベイ
夕陽には様々な物語があります。
Makoto ATOZIがイングリッシュベイで撮影したPHOTOに
「Don' t Worry Be Happy」をテーマに詩を紡ぎました。
---------------------------------------------

ポジティブな言葉と夕陽のコントラスト。
友人3人組の背中に、暖かな希望の輝きが見えます。

バンクーバーで、僕は出会った人々皆に
「夢」と「宝物」を聞いてみたんです。
するとジュニアスクールの少年が
「夢は天井に手をつけるようになること」
「宝物はおもちゃ」って答えてくれたんですね。
天井に手をつけるようになりたいって
なんて素敵でシンプルな夢なんだろうと、僕は思いました。

---------------------------------------------

きっと彼のお父さんが素敵なお父さんなのでしょう。
彼のお父さんが毎日天井に手をついて、彼に話しかけて
彼もそういう大人になりたいって思ったのでしょう。

物質的な何かを得たいというのではなく
「こういう人になりたい」という姿がある少年。

素敵だなと思いました。
彼の表情には一切の曇りがなくて(当たり前ですが)

まさにDon't Worry Be Happy!と言っているようでした。
何も心配なんていらないんです。

大丈夫。

何事も何とかなるさ。

そんなメッセージポストカードです。

---------------------------------------------

そういえば、僕はある日、
バンクーバーに滞在して5日目くらいだったかな?
イングリッシュベイで夢中で撮影していたら、
前日が雨だったので足元がぬかるんでいて
思いっきり転んだのです。

もちろん、半身は全て泥だらけ。
帰り道では、すれ違う人々から不思議な顔で見られました。

ホテルに帰ると、すぐに服と体を洗って
なんだかなあと思いましたが
そんなことにも、苛立つことなんて全くなくて
思い出の一つとして笑い飛ばせました。

僕らは今、この時代を生きていると
なんでこんなことに・・・とか。
なんであの人はこんなことを・・・とか。
本当に、出来事のジェットコースターのようだけれど
それでも笑い飛ばせばきっと大丈夫なのですよね。

だって時間は止まらずに進み続けているんです。
何かよくないことがあったとしても
その次の瞬間にはもう時間は前へと進んでいる。

だから次は必ずいいことがあるんです。

そう

だから心配なんていらないんです。

大丈夫だから。

---------------------------------------------

このWEBストアでは
作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)の詩に関するGOODSを販売しています。

Makoto ATOZI Official Web Site
http://atozi.net

代表作 
平井堅「楽園」 V6「ありがとうのうた」(ASZ-PROJECTとして参加)
嵐「トビラ」「Firefly」「ONLY LOVE」「嵐の前の静けさ」NEWS「真冬のナガレボシ」
おれパラ「眠るものたちへ」 GYM「フィーバーとフューチャー」
TRIPLANE「アイコトバ」(共作)他

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

ショップの評価

バンクーバーイングリッシュベイ
夕陽には様々な物語があります。
Makoto ATOZIがイングリッシュベイで撮影したPHOTOに
「Don' t Worry Be Happy」をテーマに詩を紡ぎました。
---------------------------------------------

ポジティブな言葉と夕陽のコントラスト。
友人3人組の背中に、暖かな希望の輝きが見えます。

バンクーバーで、僕は出会った人々皆に
「夢」と「宝物」を聞いてみたんです。
するとジュニアスクールの少年が
「夢は天井に手をつけるようになること」
「宝物はおもちゃ」って答えてくれたんですね。
天井に手をつけるようになりたいって
なんて素敵でシンプルな夢なんだろうと、僕は思いました。

---------------------------------------------

きっと彼のお父さんが素敵なお父さんなのでしょう。
彼のお父さんが毎日天井に手をついて、彼に話しかけて
彼もそういう大人になりたいって思ったのでしょう。

物質的な何かを得たいというのではなく
「こういう人になりたい」という姿がある少年。

素敵だなと思いました。
彼の表情には一切の曇りがなくて(当たり前ですが)

まさにDon't Worry Be Happy!と言っているようでした。
何も心配なんていらないんです。

大丈夫。

何事も何とかなるさ。

そんなメッセージポストカードです。

---------------------------------------------

そういえば、僕はある日、
バンクーバーに滞在して5日目くらいだったかな?
イングリッシュベイで夢中で撮影していたら、
前日が雨だったので足元がぬかるんでいて
思いっきり転んだのです。

もちろん、半身は全て泥だらけ。
帰り道では、すれ違う人々から不思議な顔で見られました。

ホテルに帰ると、すぐに服と体を洗って
なんだかなあと思いましたが
そんなことにも、苛立つことなんて全くなくて
思い出の一つとして笑い飛ばせました。

僕らは今、この時代を生きていると
なんでこんなことに・・・とか。
なんであの人はこんなことを・・・とか。
本当に、出来事のジェットコースターのようだけれど
それでも笑い飛ばせばきっと大丈夫なのですよね。

だって時間は止まらずに進み続けているんです。
何かよくないことがあったとしても
その次の瞬間にはもう時間は前へと進んでいる。

だから次は必ずいいことがあるんです。

そう

だから心配なんていらないんです。

大丈夫だから。

---------------------------------------------

このWEBストアでは
作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)の詩に関するGOODSを販売しています。

Makoto ATOZI Official Web Site
http://atozi.net

代表作 
平井堅「楽園」 V6「ありがとうのうた」(ASZ-PROJECTとして参加)
嵐「トビラ」「Firefly」「ONLY LOVE」「嵐の前の静けさ」NEWS「真冬のナガレボシ」
おれパラ「眠るものたちへ」 GYM「フィーバーとフューチャー」
TRIPLANE「アイコトバ」(共作)他
通報する

オススメの物語

E-mail:info@atozi.net